グルポTips「明るさ編」

グルポtips
2021/02/23 16:21:56

グルポTips2回目は「明るさ編」。
スタジオについたときにET夜だったりでなんだかちょっとSSが暗いかも…なんてこと、ありますよね。
撮ったあとにスマホやパソコンでツールを使えば明るさ調節はできるけど、撮ってるときに思った通りに仕上げたい!という方に役立つのが「明るさのマニュアル調整」。

グルポに入ると、初期設定で「明るさのマニュアル調整」は無効になっています。
下の写真は、グルポに入ったばかりで調整はなにもしていない状態。全体的に暗く、顔色も悪いですね。




5-1.jpg
701KB


有効にすると、書いてある通りSSの明るさを調整することができるようになりますので、数値を200にしてみます。
キャラが明るくなり、目の色もわかり、植物の緑や鼻の紫がよりわかるようになりました。




5-2.jpg
778KB


今度は逆の0にしてみました。真っ暗になって、うっすらキャラがいるな…くらいになりましたね。




5-3.jpg
439KB


この機能を使って、明るい楽しい雰囲気に撮ったり、暗い重いイメージに撮ったりもできます。
200だとキャラが明るすぎ…白飛びする…というときは少しずつ数値を下げて、イメージ通りの明るさに調整しましょう。

また、このスタジオすっごく明るい!!顔が白く飛んでしまう!!とか、陽の光がまぶしい!顔が飛んでしまう!なんてときも数値を小さいほうにすれば暗くすることができますので、白飛びを抑えることができます。


ここまでは知ってる人も多いと思うのですが、明るさ調節をできる箇所がもうひとつあって、ライトの調光/拡張設定の一番下「キャラクターのライティング」です。
こちらを触ると、背景の明るさはそのままに自キャラの明るさだけを調節することができます。
さきほどの「明るさのマニュアル調整」よりは調整できる振り幅が狭いのですが、この機能を使うことでよりキャラクターを強調したSSが撮れるようになります。




5-4.jpg
676KB






5-5.jpg
681KB



実際につかう場面はこんな感じです。

スタジオで光源が近く顔や髪が飛んでしまう!というときは「明るさのマニュアル調整」で暗めにします。
下記に調整オフの状態のものと、調整オンにして程よい明るさにしたものを用意しました。
髪や顔が白く飛んでいたのがなくなりました。




5-6.jpg
645KB






5-7.jpg
585KB



今度は逆光を利用して撮影したときに、もっと光の輪郭を強く見せたい…というときは、「キャラクターのライティング」を明るさを下げます。
そうすることでキャラが暗くなり光だけが残るのでより逆光を強調できます。




5-8.jpg
609KB






5-9.jpg
600KB


光の調整をすることで、暗くてどうしよう…明るすぎてどうしよう…という悩みから解放されますので、ぜひ意識して調整してみてください✨


最後まで、お読みになって頂きありがとうございました。
次回のグルポTipsは、「角度の調節」を予定しております。

これからもPhoto Studio Serch for FFXIVをよろしくお願いいたします。
https://pss-ffxiv.com/